賢く不動産売却

不動産売却に関する基礎をご紹介!

不動産売却の相場を知る

不動産売却の相場を知る 普通、どんなものでも価格が一つということはありません。
例えば、同じメーカーの同じお菓子であっても販売しているお店によって価格が違うのは普通のことです。
不動産の価格も同じです。不動産の場合はお菓子とは違いますが、それぞれの物件のある地域によっても違いもありますし、そのときの需給状況も価格に影響を与えます。
だからこそ相場を知っておくことはとても重要です。
不動産には土地やマンションや一戸建てがありますが、それぞれの物件は条件により価格は変わってくるのが普通です。
特に土地については「一物四価」という言葉が存在するくらいですから同じ物件の評価が異なるっているのが実状です。
例えば、土地の評価には「実勢価格」「公示地価」「相続税評価額」「固定資産税評価額」などといった地価があります。
そうした状況を踏まえたうえで納得のできる不動産売却を望むなら業者に相談する前に自分で調べておくのが賢明です。
一つの方法としてはインターネット広告などで知りたい物件の住所などで検索することである程度の相場を調べることができます。

不動産価格の考え方

不動産価格の考え方 不動産価格の考え方はいくつかの指標によって示されます。基本的な不動産価格の指標は公示価格これは基準と呼ばれることもあります。
相続税路線価、最後に固定資産税評価額の三つが挙げられます。
まず第一の指標は地価公示は土地の取引に関してのの指標となり、それによって適正な地価が形成されることを目的として国土交通省が行っている調査を元にした評価指標です。
次に相続税路線価は土地の価額が夏に発表されるもので、相続税および贈与税の算定基準とするために国税庁が調査している指標となり、相続税路線価は、その言葉からもわかるように路線における価額となります。
最後に固定資産税評価額は、固定資産税、都市計画税、不動産取得税、登録免許税など税額の算定基準とするために各市町村によって決定される指標となります。
市町村は土地の所有者が交付書の申請をすると評価証明書を発行し、この評価証明書には土地ごとの総額が示されます。このような指標を基にして考えます。