賢く不動産売却

不動産売却に関する基礎をご紹介!

不動産会社と不動産売却のための媒介契約を結ぶまで

不動産会社と不動産売却のための媒介契約を結ぶまで 家を売る事になった際、個人で行う事も可能ですが、まったくの素人が一連の作業や手続き行おうとすると、その煩雑さで挫折しそうになったり金銭トラブルに巻き込まれたりすることもあります。
そのため、不動産会社を通して売る人がほとんどです。
不動産の売却を行う際、まずは仲介会社へ売却依頼の連絡を行い査定訪問日を約束。
その日までに過去の成約事例と市場の動き(ライバル物件)を踏まえて机上査定を行います。
成約事例は、不動産流通機構査の管理するデータから引き出す事ができます。
間取り、成約価格の全て知る事が出来るので一番の参考価格といえるでしょう。
机上査定書は査定訪問日持参し、現地確認を行った上で最終的な査定額をお客様へ提示する事になります。
査定額が納得のいくものであれば、販売を始めるにあたって媒介契約を結ばなくてはなりません。
種類は、専属専任、専任、一般の3種類から選ぶ事ができます。
例えば専属専任については、個人で見つけた買主と直接売買はできませんが、他の業者への情報開示は5日以内、状況報告も1週間に1回以上、担当者を通して全てを行うため一番熱心な販売活動が行われる事でしょう。
不動産の売却には担当者との信頼関係が大切です。
査定の際、信頼できるか、真摯に向き合ってくれるかを見極める事も大切です。

不動産会社について調べる

不動産会社について調べる 不動産会社の調査を行うにはその会社の特徴を知ることが大切です。
どこかに本社を置き支店や営業所を設けている会社なのか、あるいはネットワークを形成して情報のやり取りがなされている会社なのかも重要です。
ネットを通じてその会社を調べることもできますし、設立年月日とか免許の更新回数をその数値で確認することも出来ます。
不動産会社専用の検索サービスも存在します。
行政庁では国土交通大臣免許者と都道府県知事免許者それぞれに業者名簿を確認することもでき免許の年月日や役員の氏名、本店の所在地や過去の行政処分の状況、他の事業も行っているのかどうかもわかるようになっています。
不動産流通業界には4つの業界団体があり各団体では会員業者の育成指導や消費者からの苦情相談等も行っていますのでここでチェックすることもできるようになっています。
ネットの口コミサイトを利用することも出来ますが誤った情報とか大げさに書かれることもありますからこれだけで判断するのは適切ではないとされています。
事務所においては業者の標識の掲示や宅地建物取引士の免許証の確認をしておくことも大切です。